クレイテプス株式会社|Creatps Inc.

News

戻る

『COMPLICITY(英題)』
第23回釜山国際映画祭に正式出品決定!

釜山国際映画祭でアジアプレミア上映へ!

中国の映画界で活躍を続ける俳優ルー・ユーライと日本が誇る名優藤竜也を主演に迎え、日本=中国の国際共同製作で製作された映画『COMPLICITY(英題)』。
この度、10月4日~13日(現地時間)にて開催される第23回釜山国際映画祭 アジアの窓部門に選出され、正式出品が決定しました。

本作『COMPLICITY(英題)』は、9月6日から開催される第43回トロント国際映画祭でのワールドプレミア上映が決定しており、この釜山国際映画祭での上映がアジアプレミア(アジア圏初上映)となります。
10月4日釜山国際映画祭の幕開けとなるオープニングセレモニーのレッドカーペットには、主演のルー・ユーライ、藤竜也をはじめ、アジア各国でファッションアイコンとして注目を集める赤坂沙世、そして近浦啓監督及び中国側の共同プロデューサーのナイ・アン、フー・ウェイも参加を予定しています。

近年社会問題として取り上げられることが多い技能実習生制度、不法滞在外国人などを背景にしながらも、異国の地でもがきながら生きていく一人の若者の姿を普遍的な物語として描いた『COMPLICITY(英題)』は、昨年8月〜9月にかけて、関東近郊、山形県、中国河南省で撮影されました。主演にはルー・ユーライ、藤竜也、そして赤坂沙世、松本紀保などが渾身の演技で映画を彩ります。

本作は、短編映画で昨年のロカルノ国際映画祭をはじめ世界各国の映画祭で高く評価された近浦啓監督の長編デビュー作品です。

【本作が出品される部門について】

釜山国際映画祭「アジア映画の窓」部門は、アジア圏の国々の映画の中で、定評のある監督達の作品だけでなく、今年の最も優れた映画監督達の作品を選出・紹介する部門です。

【映画情報】

出演: ルー・ユーライ、藤竜也、赤坂沙世、松本紀保
監督・脚本・編集: 近浦啓 
英題: COMPLICITY(邦題は未定)
2018/116分/カラー/日本=中国/5.1ch/アメリカン・ビスタ
製作:クレイテプス / Mystigri Pictures
©2018 Creatps / Mystigri Pictures

2019年劇場公開予定

本件に関するお問い合わせ・取材依頼

クレイテプス株式会社
Tel:03-6416-9205
担当:堀池みほ m.horiike@creatps.co.jp

スクリーンショット

  • photo_2
  • photo_1
  • photo_3
  • photo_4

BACK TO TOP