クレイテプス株式会社|Creatps Inc.

News

戻る

『COMPLICITY /コンプリシティ』第69回ベルリン国際映画祭出品及び、国内配給決定!

クレイテプスが企画・製作を行った初の劇場長編映画『COMPLICITY/コンプリシティ』が、世界三大映画祭の一つ、第69回ベルリン国際映画祭(2019年2月7〜17日開催)・キュリナリー・シネマ部門に選出・出品されることが決まりました。

トロント国際映画祭、釜山国際映画祭と世界が注目する映画祭へ選出され、国内プレミアとなった東京フィルメックスでは観客賞を受賞した本作ですが、今回のベルリン国際映画祭がヨーロッパプレミア上映となります。

また『COMPLICITY/コンプリシティ』の国内配給を、クロックワークスが担当することが決定しました。公開時期や劇場については現在調整中です。

【映画情報】

出演: ルー・ユーライ、藤竜也、赤坂沙世、松本紀保
監督・脚本・編集: 近浦啓 
2018/116分/カラー/日本=中国/5.1ch/アメリカン・ビスタ
製作:クレイテプス / Mystigri Pictures (C)2018 CREATPS/MYSTIGRI PICTURES
配給:クロックワークス
製作幹事会社:クレイテプス

【配給・宣伝お問い合わせ】

配給・宣伝お問い合わせ:クロックワークス (深瀬・松原) 
TEL : 03-5725-3444 
FAX : 03-5725-3445

BACK TO TOP